CLOSE
MENU CLOSE

お知らせNEWS

2021/8/2
チケット おすすめ

チケットガイド7号 発行!

今回のおすすめ企画

●ミュージカル『ジャック・ザ・リッパー』

愛が招いた悲劇 秘められた真実

19世紀末ロンドンに実在した、連続猟奇殺人鬼《切り裂きジャック》。世界で最も有名な未解決事件の真実とは?

世界的に有名な未解決事件として恐れられた殺人犯・通称“ジャック・ザ・リッパー(切り裂きジャック)”。19世紀末に英国ロンドンで発生したこの猟奇連続殺人事件をモチーフに、チェコ共和国でミュージカルが創作されました。このミュージカルを原作に韓国独自のアレンジを施したミュージカル『ジャック・ザ・リッパー』は、2009年の初演以来多くの観客に愛される大人気演目となりました。

日本版の演出は、常に時代と向き合い多様な作品を手掛け、KAATの芸術監督も務めた白井晃。繊細な解釈と多彩な表現の中で人間を描き、音楽にも造詣の深い白井が、作品の新たな魅力を引き出します。

キャストは、純真なエリートだが闇に堕ちていく外科医ダニエル役に、ミュージカル作品での活躍が目覚ましく、昨年は白井演出のストレートプレイに主演するなど活躍の幅を広げている木村達成、そして映画「ハリー・ポッター」シリーズのハリー役をきっかけに声優として活躍、同時に様々な舞台で俳優としても注目を集める小野賢章

繊細な心を隠し荒ぶりながらも正義のため孤高に生きる刑事アンダーソン役と、市民を恐怖に陥れる連続殺人鬼であり謎の復活を遂げる通称”切り裂きジャック”役を、韓国で本作を観劇し、いつか日本で演じたいと熱望していた加藤和樹が回替わりで務めます。今やミュージカル界に欠かせない俳優となった加藤が、白井演出の元で二つの顔を見せます。

アンダーソン役のWキャストは、歌手活動と並行し俳優としても舞台・ミュージカル、そしてテレビドラマと活躍の幅を広げている松下優也

ジャック役のWキャストは、ソロアーティストとして活動しながらその表現力をミュージカルでも発揮している堂珍嘉邦CHEMISTRY)。

ダニエルとの愛が悲劇を生んでしまう娼婦のグロリア役に、日本のみならず海外でも人気を誇り、ミュージカル『生きる』で二役を務めた際にはその表現力が注目を集めたMay’n
アンダーソンと想いが行き違う娼婦ポリー役に、圧倒的な歌唱力と存在感でシンガーとしてもミュージカル界でも活躍するエリアンナ

そして、スクープのためならどんな手段も厭わず事件を追う新聞記者モンロー役は、クラシックからミュージカルの世界に入り、数々の名作で歌い演じてきた田代万里生。これまでにないアクの強いくせ者を演じます。

多彩で力強い魅惑的な音楽に、スリルとロマンスが重なりあうストーリーが魅せる 衝撃のミステリーミュージカル!

*****STORY*****
1888年ロンドン。
刑事のアンダーソン(加藤和樹・松下優也)は娼婦だけを狙う、“ジャック・ザ・リッパー”と呼ばれる殺人鬼(加藤和樹・堂珍嘉邦)を追っていた。残忍な犯行で解決の糸口も見えないため、マスコミを排除し非公開で捜査を進めようとする。 しかしロンドンタイムズ紙の記者、モンロー(田代万里生)はスクープ記事のネタを狙って アンダーソンに近づく。 モンローは、麻薬中毒者で金が必要なアンダーソンの弱みにつけこみ、情報提供の取引に応じさせてしまう。
4度目の殺人現場で、アンダーソンの前に男が現れ「犯人を知っている」と告白する。「そいつの名前はジャックだ」と。 彼は、7年振りにアメリカからロンドンにやってきた外科医ダニエル(木村達成・小野賢章)。 7年前、ダニエルと元娼婦のグロリア(May’n)はジャックと出会っていた。
犯行が重ねられ事件は混迷を極めていく一方。 アンダーソンはダニエルの告発に基づき、おとり捜査を計画するが、ロンドンタイムズ紙は “ジャック・ザ・リッパー”の殺人予告記事の号外を出してしまう。 そして、アンダーソンと彼のかつての恋人だったポリー(エリアンナ)までもが事件に巻き込まれる。
果たして、殺人鬼“ジャック・ザ・リッパー”の正体とは…? そして、本当の目的とは…?

◆会場:日生劇場

ミュージカル『ジャック・ザ・リッパー』の公演スケジュール、料金、お申込みはこちら

●ピアノバトル JAPAN TOUR 2021

全ヨーロッパ・全米大ヒットのクラシック・エンターテイメント
ついに日本に初上陸!!

黒のポールと白のアンドレアス。名曲からポップスまで手に汗握るピアノ5番勝負!勝敗は観客の手もとから掲げられるプログラムにより判定。勝者を決めるのはあなた!
それぞれ黒と白のスーツで決めた長身のイケメンピアニスト、ポールとアンドレアスが演奏で対決し、勝敗を観客が決める新しい形のコンサートです。
2010年に香港音楽フェスティバルに際して結成され、母国ドイツでもベートーヴェン音楽祭、ラインガウ音楽祭等に招待、ベルリン・フィルハーモニーでも公演を行うなどクラシックの本場で受け入れられると共に、メディアに取り上げられて世界的に大ヒット。これまでに世界各国で25万人もの動員を誇っています。ステージ上で男たちの熱い戦いが繰り広げられる!

【出演】
アンドレアス・カーン、ポール・シビス

◆10月1日(金)19:00開演 Bunkamuraオーチャードホール S席5,300円
◆10月8日(金)19:00開演 アクトシティ浜松 S席5,000円

『ピアノバトル JAPAN TOUR 2021』のお申込みはこちら

 

  • 次号チケットガイドは8月30日(月)発行予定です。
  • お申し込みの前に、必ずチケットガイドP2上段の注意事項をご確認ください。

≪宅配配布期間≫2021年8月2日(月)~2021年8月6日(金)
≪店舗設置期間の目安≫2021年8月2日(月)~2021年8月29日(日)
◆・◆・◆ チケットガイド閲覧はこちら ◆・◆・◆◆