CLOSE
MENU CLOSE

お知らせNEWS

2021/4/26
チケット おすすめ

チケットガイド3号 発行!

今回のおすすめ企画

●家族全員で楽しく学べるリアル恐竜ショー「恐竜パーク」開催!

「恐竜パーク」の前身である「恐竜どうぶつ園」は、リアルな太古の恐竜パペットたちと触れ合える夏恒例のファミリー向けイベントとして、2016年の日本初上演から4年間で約30万人を動員してきた人気公演。昨年、5周年を迎える予定だった「恐竜どうぶつ園」は新型コロナウイルスの影響で全公演を中止。今年は感染予防対策を考慮した内容に変更し、「見る」楽しさをさらにプラスした「恐竜パーク」としてリニューアルすることが決まりました。かわいい赤ちゃん恐竜から大きな肉食恐竜まで登場し、家族全員で、楽しく学べるリアル恐竜ショーとなっています。

***恐竜パークとは***
恐竜たちがどんな時代を生きて、どんな暮らしをしていたのか。「恐竜パーク」を見ればその答えがきっと見つかります。恐竜たちのいる世界をリアルに体験しながら、恐竜にまつわる歴史を楽しく勉強しよう!!ショーには大人気のティラノサウルスとトリケラトプスが登場。お子様が喜ぶこと間違いなし!夏休みの家族の思い出作りにぴったりなショーです。
「恐竜パーク」はオーストラリアで誕生した「恐竜どうぶつ園」で使用されているErth Visual & Physical Inc.社のパペット提供を受けて、サンライズプロモーション東京が企画・制作したファミリー向けの恐竜パペットショー。前身である「恐竜どうぶつ園」は、日本では4年間で約30万人を動員する大人気公演です。キャストが操る恐竜パペットは本物そのもの。まさに「生きて」いるリアルさを追求し、恐竜パークの飼育員であるナレーターが面白おかしく恐竜の歴史や生態を説明。まるで大昔にタイムスリップしたような空間で、楽しく学べるパフォーマンスショーとなっています。

本物さながらのリアルさ、迫力はもちろん、小さくておとなしい恐竜も登場するので小さなお子様でも安心してお楽しみ頂けます。ショーのなかでは恐竜をリアルな生き物として紹介し、日々の体調チェックやえさやりの光景を垣間見ることが出来ます。(写真は2019年公演時の様子。2021年公演は、日本人キャストが出演致します。お客様が舞台上で恐竜に触れることは出来ません。予告なく公演内容が変更になる可能性があります。)

『恐竜パーク』お申込みはこちら

●パルコ・プロデュース「首切り王子と愚かな女」

時代も場所も架空の王国を舞台にした大人の寓話。
癇癪持ちで自分勝手、傍若無人の“首切り王子”と運命的に王子と出会う“愚かな女”を巡るダーク・ファンタジー!

演劇界での活躍のみならず、映画の脚本や配信ムービーで初監督と、表現の幅を広げている蓬莱竜太。鶴屋南北戯曲賞を受賞したパルコ・プロデュース『母と惑星について、および自転する女たちの記録』(16)以来、PARCO劇場には5年ぶりの登場です。
主演はミュージカル界を代表する俳優の一人井上芳雄。そんな彼が個性派俳優としての一面を引き出してきた蓬莱との再タッグを切望し、新しくなったPARCO劇場に、新たなオリジナル作品で帰還。共演には、テレビ、映画で引っ張りだことなっている、いま最も注目を集める女優の伊藤沙莉、圧倒的な存在感で映像・舞台とその魅力を放つ若村麻由美をはじめ、高橋努入山法子太田緑ロランス石田佳央和田琢磨ら実力を兼ね備えた一癖も二癖もある多彩な顔ぶれが集結!
井上芳雄と蓬莱竜太が6年ぶりのタッグで描く、ブラックで、しかし人間の真実に迫る“現代の寓話”にご期待ください!

王子の宿命 死が怖くない女 消せない野心 正義と忠誠と反乱
未来が無い国 愛か使命か 呪いの秘密・・・誰も知らない王子の歌

【STORY】
雪深い暗い王国ルーブ。
英雄であり人格者であった先王バルが早くに没して20年。女王デンは「永久女王」としてルーブを統治していたが、溺愛していた第一王子ナルが病に倒れてからは国のことを見なくなり、魔法使いを城に招き入れ、閉じこもるようになった。ルーブ国は統治者を失った国になっていた。国は呪われ、民は貧しさに疲弊し、反乱の気運が高まっていく。
そこで城に呼ばれたのが第二王子トルであった。トルは幼い頃から「呪われた子」とされ城から遠ざけられていたが、反乱分子を鎮圧するために再び城に戻される。使命に燃えたトルは、反乱分子の首を次々に落とし「首切り王子」として恐れられるようになる。
リンデンの谷に住む娘、ヴィリは死ぬことにした。これ以上、生きる理由が見当たらなかったからだ。最果ての崖にたどり着いたヴィリが目にしたものは白い空と黒い海と首切りの処刑であった。
首切り王子トルは死を恐れないヴィリに興味を持ち、召使いとして自分に仕えるように命令する。
城に連れられていくヴィリが耳にしたのは王子の歌であった。美しくも悲しい歌。ヴィリはトルに深く暗い孤独を見る。
こうしてヴィリは召使いとして首切り王子に仕える日々を送り始める。
そこに見たのは野心や愛憎、陰謀が渦巻く人間たちの姿であった。

『首切り王子と愚かな女』お申込みはこちら

 

  • 次号チケットガイドは6月7日(月)発行予定です。
  • お申し込みの前に、必ずチケットガイドP2上段の注意事項をご確認ください。

≪宅配配布期間≫2021年4月26日(月)~2021年4月30日(金)
≪店舗設置期間の目安≫2021年4月26日(月)~2021年6月6日(日)
◆・◆・◆ チケットガイド閲覧はこちら ◆・◆・◆